証券CFDのレバレッジ

証券CFDでは、レバレッジを採用した取引が行われます。

FXでもおなじみの証拠金取引です。

レバレッジによって、自分の所持金以上の取引額を扱うことができます。


ひまわり証券の証券CFDの場合、株式CFDのレバレッジは「最大で20倍」となっています。

これは、所持金に対して、最大20倍の金額の取引が可能ということを意味します。

もちろん、全ての銘柄に対し20倍というわけではなく、ひまわり証券の規定資産基準というものによって株式CFDのレバレッジが設定されています。

その規定資産基準は、口座に入金している額の規模と、銘柄ごとに設定されているリスクレベルによって決定されます。

具体的には下記のようになります。


■所持金が200~1,000万円の場合
 リスクレベル1 : 10倍
 リスクレベル2 : 5倍
 リスクレベル3 : 3.3倍
 リスクレベル4 : 2倍
 リスクレベル5 : 1.25倍
 リスクレベル6 : 1倍

■所持金が200~1,000万円の場合
 リスクレベル1~2 : 10倍
 リスクレベル3 : 6.6倍
 リスクレベル4 : 4倍
 リスクレベル5 : 2倍
 リスクレベル6 : 1倍

■所持金が5,000万円以上の場合
 リスクレベル1 : 20倍
 リスクレベル2 : 10倍
 リスクレベル3 : 3.3倍
 リスクレベル4 : 2倍
 リスクレベル5 : 1.25倍
 リスクレベル6 : 1倍


よって、口座に5,000万円以上入れていて、リスクレベル1の銘柄を取り扱う場合のみレバレッジが20倍となります。


基本的には、レバレッジは証券CFDの10倍以下と考えていた方がよさそうです。

レバレッジが高いと、借金も多くなる可能性もありますから、レバレッジを意識しながら、きちんとリスク管理しましょう。


≫ひまわり証券で証券CFDを始めよう!

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちら よりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 証券CFD取引ガイド. All Rights Reserved.