証券CFD取引ガイド TOP > ひまわり証券の証券CFD >  証券CFDのリスク管理について

証券CFDのリスク管理について

ひまわり証券の証券CFDでは、リスク管理がしっかり行われているのが大きな特徴でもあります。

例えば、株価や指数が急落しても、パソコンの前にいるのに、ネットで他の情報を見ていたり、あるいは全然別の作業をしていたりして、それに気が付かないなどということは、十分あり得る話です。

その時に、マージンコールがあるかないかというのは、大きな差になります。


特に証券CFDは、レバレッジによる取引を行うので、利益が大きくなりやすい一方で、損する額も大きくなりやすくなります。

ですから、リスク管理は徹底しておかないと、とんでもない目にあいます。

そういう意味では、ひまわり証券は非常にしっかりした証券会社と言えます。


ひまわり証券のリスク管理は、証拠金使用率によって4段階のリスク管理が行われます。

まず、証拠金使用率が100%(純資産が必要証拠金を下回った場合)になると、新たなポジションを建てることができなくなります。

新たなポジションが建てられないということは、新規注文ができなくなるということなので、こうすることで、更なる状況の悪化を防いでくれます。


この制限は、口座に資金を追加することで解くことができます。

ただ、これをそのまま放置し、証拠金使用率が110%になると、1度目のマージンコールが発生します。

そして、証拠金使用率が120%になると2度目のマージンコールが発生し、更なる警告を促します。

それでも放置したままで証拠金使用率が150%(純資産が必要証拠金の2/3になった場合)になると、損益を問わず、全ての建玉が強制決済、つまり、強制ロスカットになります。


ひまわり証券の証券CFDでは、このようなリスク管理が徹底されているので、もしもの場合でも安心して取引ができます。


≫ひまわり証券で証券CFDを始めよう!

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちら よりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 証券CFD取引ガイド. All Rights Reserved.