証券CFD取引ガイド TOP > ひまわり証券の証券CFD >  ひまわり証券のリスクレベル別銘柄

ひまわり証券のリスクレベル別銘柄

ひまわり証券の証券CFDにおいて、株式を扱う場合は、いくらまで投資できるのかを把握するために、その銘柄では最大レバレッジは何倍なのかを確認しておく必要があります。

ひまわり証券では、その銘柄のリスクレベルによって、最大レバレッジの倍率が決定されます。

したがって、証券CFD取引を行うには、銘柄のリスクレベルを把握しておくことがポイントになります。

ひまわり証券が定めている国内の銘柄のリスクレベルは1から6まであります。


■リスクレベル1の銘柄

リスクレベル1は、最もリスクが少ない銘柄です。

現在、日本国内でリスクレベル1の銘柄は、残念ながらありません。


■リスクレベル2の銘柄

日本国内では、リスクレベル2の銘柄が、最もリスクの少ない銘柄ということになります。

リスクレベル2の銘柄は、積水ハウス、アサヒビール、味の素、日本たばこ産業、旭化成、電通、ヤフー、富士フィルム、東芝、富士通、シャープ、トヨタ自動車、ソフトバンクなどがあります。

かなり多くあるので全てを紹介できませんが、有名どころはだいたいレベル2のようです。


■リスクレベル3の銘柄

リスクレベル3の銘柄は、キッコーマン、ユニチカ、日本軽金属、ソニーなどです


■リスクレベル4の銘柄

リスクレベル4の銘柄は、熊谷組、ニチレイ、東京ドームなどです。


■リスクレベル5の銘柄

リスクレベル5の銘柄は、国内にはありません。


■リスクレベル6の銘柄

リスクレベル6の銘柄は、国際石油開発帝石、豊田通商、ふくおかフィナンシャルグループ、東急不動産、東宝などです。


ひまわり証券で証券CFDの取引を行う場合、これらは覚えておいたほうがよさそうです。


≫ひまわり証券で証券CFDを始めよう!

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちら よりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 証券CFD取引ガイド. All Rights Reserved.