証券CFD取引ガイド TOP > ひまわり証券の証券CFD >  ひまわり証券の証券CFDの取引単位と取引時間

ひまわり証券の証券CFDの取引単位と取引時間

ひまわり証券の証券CFDには、しっかりした取引ルール、つまり取引単位と取引時間が決まっています。

証券CFDを行うに際し、取引ルールを把握することで、証券CFD取引のアウトラインがつかめると思います。

まず、取引単位ですが、これは取引を行う上で「1回で取引できる最低の単位」のことです。

株式CFDの場合は、1株もしくは1倍が取引単位となります。

限月CFDの場合は、指数、証券ともに銘柄によって異なるので、銘柄ごとに確認が必要です。

例えば、日経225先物の場合、取引単位は1,000倍となります。

このほか、GLOBEX取引所の「Nikkei 225 Stock AverageIndex」の場合は5倍、「E-mini Russell 2000」の場合は100倍、SGX-DT取引所の「10 Year US T-NotesComposite」は10万倍、SGX-DT取引所の「Mini JGB Future」は1000万倍、といった単位になっています。

ひまわり証券の限月CFDでの取り扱いは、上記の物を含む5つの取引所の14の先物銘柄です。

これらの取引単位は、一通り把握しておくことをおすすめします。


取引時間については、証券取引所のある国によって異なります。

日本では9時~15時、ヨーロッパだとおよそ17時~1時30分(フランスは1時25分まで)、アメリカだとおよそ23時30分~6時となっています。

こちらもしっかり押さえておきましょう。


≫ひまわり証券で証券CFDを始めよう!

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちら よりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 証券CFD取引ガイド. All Rights Reserved.