証券CFD取引ガイド TOP > ひまわり証券の証券CFD >  ひまわり証券の証券CFDの特徴と取引手数料

ひまわり証券の証券CFDの特徴と取引手数料

証券CFDを国内で取り扱っている証券会社は、まだ少ないですが、その中のひとつが、「ひまわり証券」です。

ひまわり証券は、比較的まだ新しい証券会社で、設立は2002年です。

証券CFDは、2005年から取り扱いを開始しており、国内で最初に証券CFDを取り扱った会社として知られています。


ひまわり証券の証券CFDの特徴は、まず「株式CFD」と「限月CFD」というものを取り扱っていることが挙げられます。

「株式CFD」とは、世界の主要証券取引所の上場株式銘柄を対象とした証拠金取引のことで、一言で言えば、株取引を行う証券CFDのことです。

「限月CFD」とは、取引所を限定した上場証券先物銘柄を対象にした証拠金取引のことで、指数や証券を扱う場合はこちらになります。


ひまわり証券での株式CFDの取引手数料は、基本的には「0円」です。

ただし、ひとつの注文あたりの取引代金が「一定基準額未満の場合」は、手数料が発生します。

一定基準額は、日本円だと100万円以下の注文の場合は一注文あたり500円、米ドルだと1万米ドル以下の注文で10米ドル、ユーロだと1万ユーロ以下の注文で12ユーロ、英ポンドだと8千英ポンド以下の注文で8英ポンドです。

取引手数料が0円となってはいますが、ある程度高額な取引を行う場合に限るということになりますので、注意が必要です。

ただ、証券CFDはレバレッジでの取引なので、ある程度大きな額を取り扱うのが通常となっていますので、手数料が無料になる場合もあるかと思います。


それに対し、限月CFDの場合は、1注文ごとに日本円だと1,500円、米ドルだと15米ドル、ユーロだと15ユーロ、英ポンドだと12英ポンドの手数料が必要となります。


≫ひまわり証券で証券CFDを始めよう!

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちら よりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 証券CFD取引ガイド. All Rights Reserved.