証券CFD取引ガイド TOP > 取引可能な時間帯 >  アメリカの株で証券CFD取引

アメリカの株で証券CFD取引

証券CFDでアメリカの銘柄の取引を行いたい場合、取引可能な時間帯はいつからいつまででしょうか。

国内の銘柄の場合は、証券取引所によって多少の違いはあるものの、だいたい「9時~15時」の間となっています。

それに対し、アメリカの証券所の場合は、時差があるので、キリのいい時間というわけではありませんが、日本時間にすると、だいたい「23時~6時」の間です。

深夜から早朝にかけてという「23時~6時」という時間帯は、多くの方が就寝している時間で、特にサラリーマンの方にとっては、取引を行なうには難しい時間帯です。

しかし、上手に時間を合わせることで、有効な取引が可能です。

というのは、株取引というのは、開始から10分と終了までの10分が最も取引が活発になるので、23時からの数十分で取引を行って、すぐに就寝、そして6時前に起きてまた取引をする、というような生活のリズムを作れば、株取引が活発な中で売買が可能となります。

アメリカの銘柄の取引を行なうと、ついつい夜更かしをしてしまったりしますが、このように開始と終了の時間だけ取引を行なうようにすれば、生活のリズムを崩すことはありません。

また、アメリカのシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)というところでは、日経平均先物も扱っていますので、国内の銘柄の取引を行っている人にとっては、馴染みもあるので、有利に取引が進められると思います。

日本時間では取引が行われていない状況で、日経平均の動きがわかるので、翌日の朝にどういった値動きでスタートするかがわかりやすいのです。

こういった点も証券CFDの特徴です。

しっかり利用して、有利に取引を行ないましょう。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちら よりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 証券CFD取引ガイド. All Rights Reserved.