証券CFD取引ガイド TOP > 取引可能な時間帯 >  海外の取引の場合

海外の取引の場合

証券CFDで取引を行う場合は、国内の銘柄以外に、海外の銘柄を扱うケースが多くなると思います。

海外の銘柄を扱う場合は、その銘柄を取引できる時間帯に注意しなければなりません。

また、どの国の銘柄を扱うかによって時間帯は変わってきます。

取引をしていくうちに、嫌でも覚えると思いますが、意識して覚えておくようにしましょう。

ただ、最初の取引で、いつまで取引可能なのか知らずに、誤って持ち越してしまい、結果として大損をしてしまったなんていう笑えない例はたくさんありますので、証券CFDで取引を始めるにあたって、そのあたりはしっかり確認しておきましょう。


日本の銘柄を扱う場合は、基本的に国内の株式を行うのと同じ時間帯になります。

例えば、東京証券取引所に上場している銘柄の場合は、「9時~15時」の間、大阪証券取引所の場合は「9時~15時10分(一部8時50分から可能)」、名古屋証券取引所では「9時~15時30分」が取引可能な時間帯です。

なお、11時~12時30分は休憩時間なので取引はできません。

ここでポイントとなるのは、証券CFDだからといって、国内の銘柄でも24時間取引が可能なわけではない、ということです。

証券CFDは24時間取引可能だから、日本の銘柄でもそうなんだ、と思っている方も結構いるようですので、もしそう思っている方がいらっしゃれば、その認識を改めておいてください。

国内、国外と、それぞれの国によって、取り扱いが可能な時間が違う、というのが、大きな特徴です。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちら よりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 証券CFD取引ガイド. All Rights Reserved.