証券CFD取引ガイド TOP > 取引可能な時間帯 >  国内の取引の場合

国内の取引の場合

国内の銘柄を取り扱う金融商品においては、基本的に国内の証券取引所が開いている時間帯のみの取引となります。

夜間取引を行う証券会社も増えてきてはいますが、まだそれほど普及しておらず、実際はあまり活発な取引は行われていません。

したがって、昼間に仕事を持っているサラリーマンの人たちが株取引を行う場合は、リアルタイムではなく、あらかじめ注文を出してから出社し、退社してからその結果を見るという形が多いと思います。

これだと、仮に急激な値動きになった場合、すぐに対応することが難しいので、大損してしまうリスクがあります。

最近は、逆指値注文などによって損切りができるようにはなっていますが、今度は逆に急激な値上げの際に売ることができないという問題も出てくるなど、現状は、サラリーマンが適切に対応することが難しいと言わざるを得ません。


それに対し、証券CFDの場合は、24時間いつでも取引可能なので、昼間に仕事をしているサラリーマンに非常に大きなメリットとなります。

24時間いつでも取引が可能というのは、毎日会社に通う人たちにとっては、嬉しいシステムです。


株の値動きはとても活発で、1日の間に1%程度の値動きであれば、それほど問題はありませんが、中には10%、20%動く株も存在します。

昼間に仕事をしているとそういう動きがわからず、また、いつ値動きが活発になるのかが気になって、仕事も手がつかないなんて人も大勢いると思います。

そういう心境の投資家の方もかなり多いのではないでしょうか。


証券CFDは、24時間取引可能という特徴がありますので、そういう意味では、投資家に優しいといえます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちら よりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 証券CFD取引ガイド. All Rights Reserved.