証券CFDとは

証券CFDという単語に含まれている「CFD」についてまずは説明します。

CFDとは、「Contract For Difference」のことです。

Contractは、「契約書」や「合意書」、Differenceとは「相違」や「差」という意味があります。

したがって、この「CFD」という言葉は、「買値と売値の差額(Difference)に関しての現金決済をするための契約(Contract)」という意味になります。


ちょっと難しいので、もう少し具体的にすると、証券CFDとは、「国内外における株式、株価指数、株価指数先物、そして債券先物を対象にした証拠金の差金決済取引」となります。

FXは、「外貨」を扱って差金決済取引を行いますが、証券CFDは「株式」や「債券」を扱う取引を行います。

だから、証券CFDとは、株式や債券のFXと言っても過言ではありません。

証券CFDが、新世代のFX、あるいはポストFXと呼ばれているのはこのためです。


証券CFDは、日本ではFXなどに比べてまだ全然知られていませんが、ヨーロッパを中心とした海外の投資家の間では、既にメジャーな投資商品となっています。

例えば、金融都市ロンドンでは、なんと全金融商品の取引の30%が、この証券CFDなのです。


日本は、海外、特に欧米で盛り上がった流行を、数年遅れてから流行らせる傾向があります。

したがって、証券CFDはいずれ近いうちに、日本でも大きな盛り上がりを見せる可能性が高いと言えます。

海外で既に普及しているということは、投資家にとっても有益な取引であるということですから、それが日本でだけ流行らない理由はありません。

CFDは、将来、誰もが注目する金融商品となることでしょう。


証券CFDという言葉を耳にする機会がない今、証券CFDについて誰よりも早く学んでおくことは、将来必ず役に立ちます。

今のうちに、証券CFDについてしっかりと知識を蓄えておきましょう。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちら よりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 証券CFD取引ガイド. All Rights Reserved.