証券CFD取引ガイド TOP > 証券CFDの基礎知識 >  証券CFDの今後の展開

証券CFDの今後の展開

証券CFDは、日本国内ではまだあまり知られていませんが、海外では、かなりメジャーな金融商品として、既にたくさんの投資家に愛用されています。

海外で扱われている証券CFDの数の割合は、FXと比較しても引けをとりません。

ロンドン市場では、全金融商品取引の30%が証券CFDとなっています。


こうした海外での証券CFDの状況は、日本で証券CFDを始める際の大きなメリットになります。

もし海外で証券CFDがあまり流行っていなかったら、いざ証券CFDで取引を始めても、市場が閑散としていて、取引が成立しにくい状況になってしまいます。

海外の市場がいまの日本国内と同レベルの状況だったら、きっとそうなってしまいます。

しかし、証券CFDでは海外の株式も扱えるので、海外の投資家と取引ができます。

海外では、既にメジャーな金融商品として確立されているので、市場も賑わいを見せています。


証券CFDでは、口座を1つ開くだけで、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツなどの欧米各国、そして日本における個別銘柄の売買が可能になります。

日経225やナスダック、FTSE100、債権なども取り扱うことができます。


今はまだアジア全域での取引はできませんが、近いうちにこの証券CFDがメジャーになっていけば、アジアへの展開も可能になるでしょう。

日本で証券CFDが盛り上がれば、他のアジア諸国で追随してくる国もきっとあると思います。

証券CFDは、今からでも十分始められる資産運用といえます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちら よりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 証券CFD取引ガイド. All Rights Reserved.