証券CFD取引ガイド TOP > 証券CFDで取り扱われる銘柄 >  交通・陸運・海運・情報通信・サービスの証券CFD

交通・陸運・海運・情報通信・サービスの証券CFD

日本国内の銘柄のうち、証券CFDで取り扱いができるのは、日経225の銘柄だけです。

日経225なので、聞いたことのある企業が多いと思います。

ここでは、交通・陸運・海運・情報通信・サービスの分野の企業についてご紹介します。


【交通】

交通関連の分野では、JR東日本、IR西日本、東急、東武、小田急、京王、京成などの鉄道・バス会社が該当します。

日ごろ使っているサービスなので、とても身近に感じられる分野です。

現在のところ、国内の交通は、将来的に大きく価値が変わる性格のものではありませんので、証券CFDで狙うには、それなりのコツが必要なのではないでしょうか。


【陸運・海運】

陸運の分野では、日通とヤマト運輸などが、海運の分野では、日本郵船、商船三井、川崎汽船などが、空運では、全日空とJALがそれぞれ該当します。

こちらも有名で身近なところですね。


このうち、特に海運と空運に関しては、海外の市場の影響を大きく受けます。

輸出入が主だったところになるので、これらの銘柄を扱う際は、常にチェックをしておいたほうがいいでしょう。


【情報通信】

情報通信の分野は、NTT、NTTデータ、ドコモ、KDDI、スカパーJSATが該当します。

携帯電話でおなじみのドコモとKDDIも取り扱いができます。

iPhoneで話題沸騰のソフトバンクは、情報通信分野ではなく、商社に分類されています。


【サービス】

サービス関連分野では、映画会社の代表として東宝、スポーツの代表の東京ドーム、広告などのあらゆるメディアを代表して電通、ゲーム業界最大手のコナミ、インターネット関連の代表ヤフー、警備関連サービスの最大手セコムといったところです。

証券CFDでは、サービス関連でも、有名な銘柄が多く取り扱われています。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちら よりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 証券CFD取引ガイド. All Rights Reserved.