証券CFD取引ガイド TOP > 証券CFDの特徴 >  空売りもできる

空売りもできる

株式投資などの資産運用を行っている人にとって、不況や日経平均の下落は非常に嫌なものですが、それを利用して儲ける方法もあります。

それが、「空売り(からうり)」と呼ばれるものです。

空売りとは、現在は持っていない株を売ることから、そのように呼ばれています。


空売りを行うには、証券会社から株を借りるという方法をとります。

自分でその銘柄の株を買うわけではありません。

その際、株価は、当然その時の株価ですので、例えば1株10,000円で、証券会社から1株借りた場合、10,000円で売却することができます。

この証券会社から借りた株を売るという行為が、空売りと呼ばれるものになります。


空売りして得た10,000円で、後で同じ株を安く買うことで、その差額が投資家の利益となります。

例えば、その株がその後8,000円に値下げした時に、その価格で株を購入し、それを借りていた証券会社に返却します。

そうすると、10,000円で売った株を8,000円で買ったので、投資家は2,000円の利益を得ることができます。

つまり、株価が下がっても、空売りを効果的に行うことで利益が出るわけです。


この空売りを、証券CFDでは行うことができます。

したがって、仮に不況や株価が下落していたとしても、証券CFDでは、この空売りでお金を稼げることができるのです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちら よりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 証券CFD取引ガイド. All Rights Reserved.