証券CFD取引ガイド TOP > 証券CFDの特徴 >  スワップ金利がもらえる

スワップ金利がもらえる

証券CFDは、スワップ金利がもらえるという特徴も持っています。

スワップ金利とは、国の異なる2種類の通貨を売買する際に生じる金利差のことを言います。


例えば、1ニュージーランド(豪)ドル=100円の時に、100万円で1万豪ドル買ったとして、日本円が0.5%、豪ドルが7%の金利とします。

1万豪ドルは日本円で100万円ですが、日本円をそのまま100万円持っている場合の金利は、100万円×0.5%=5,000円で、年間5,000円となります。

一方、その100万円で1万豪ドルを買った場合は、1万豪ドル×7%=1万700豪ドルとなります。

もし1年後もレートが変わらずに、1豪ドル=100円だった場合は、1万700豪ドルには107万円の価値があると言えます。

それぞれの金利は、70,000円と5,000円で、ここで生じた65,000円の金利差が、スワップ金利ということになります。


このスワップ金利は毎日支給され、1年間ずっと1豪ドル=100円とすると、65,000円÷365=178円が毎日支給されることになります。

これをインカムゲインといい、このインカムゲインが、あのFXを有名にした要因として知られています。


このスワップ金利は、実は証券CFDでももらうことができます。

つまり、海外の株や証券を購入するときには、金利の高い国のお金を円で買い、そのお金で取引すれば、金利の差額がもらえるということです。


スワップ金利は、相場が弱気の場合に、力を発揮してくれます。

その理由は、相場が弱っても、金利はめったな事では変動しないからです。

空売りできることも含め、証券CFDは弱気相場に強い金融商品ということができます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちら よりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 証券CFD取引ガイド. All Rights Reserved.